ニュース

有澤建設株式会社の心打たれるショートムービー「3Kの本当の意味って知ってる?」が話題!

By renew編集部

|
2022.04.01

2016年に創業100周年を迎えた地場大手ゼネコンの有澤建設株式会社(本社:福岡県福岡市、木下英資社長)が、2021年12月に公開したショートムービー「3Kの本当の意味って知ってる?」が公式YouTubeチャンネル内で約24万回再生を記録(2022年2月時点)し話題となっております。

3Kの本当の意味って知ってる?

同社のブランディングのために制作されたショートムービー「3Kの本当の意味って知ってる?」は数多くの豪華俳優陣の出演に加え、主人公(「保」役:若林元太さん)の成長と建設業の葛藤を重ね合わせた心打たれる構成になっております。

「きつい、汚い、危険」と言われる3Kのイメージが強い建設業は、若者の就職先の選択肢にあがりにくく人手不足が深刻化しているそう。都心の大手企業に人材が集中する中、地場の建設業に少しでも関心を持ってもらいたいとの想いから制作された同ショートムービーは2022年2月時点で約24万回再生を達成し、現在でも再生数が伸びています。

施工実績動画も公開中

公式YouTubeチャンネルには同社が手掛けた施工実績動画も公開されています。福岡県内在住者であれば見たことのある建物も多くあるかもしれません。

「品質へのこだわり」「安心・安全へのこだわり」「地元へのこだわり」をモットーにする同社の想いは今回のショートムービーにも表現され、ショートムービーを見た後に施工事例動画を見るとより想いが伝わってきます。
このショートムービーがさらに拡散されることによって、若者が地元の建築業に目を向けるきっかけになるのではないでしょうか。

今回公開されたショートムービーに加え、同社のホームページにはメイキング映像も公開されています。こちらは限定公開となっているためホームページの「最新情報」欄からご覧ください。

YouTube『有澤建設株式会社』

名称

3Kの本当の意味って知ってる?

URL

https://www.youtube.com/watch?v=61OwCbajpc4

有澤建設様について

社名

有澤建設株式会社

創業

1917年1月

所在地

福岡県福岡市博多区博多駅南4-4-12

事業内容

・建築工事に関する請負、設計及び管理業務

・建築工事及び環境設備等の調査、測量、企画、評価、診断、マネジメント業務

・不動産の売買、仲介、保守、管理、不動産投資に関する業務

Webサイト

https://arisawa.jp/

※写真は有澤建設様公式YouTubeより抜粋

Writer

おすすめの記事

続きを読む >

お役立ち

2022.06.16

インボイス制度とは。注目の導入理由から免税事業者への影響までわかりやすく説明

軽減税率の導入に伴って、2023年(令和5年)10月よりインボイス制度が導入されます。消費税の課税事業者に限らず、免税事業者にも影響があるとされているのです。この記事では、インボイス制度の概要や導入に至った理由、その基礎となる消費税の知識と事業者への影響などについて解説します。

続きを読む >

お役立ち

2022.05.06

【法人必見】企業版ふるさと納税って?概要や寄付するメリット、活用の際の注意点とは

「ふるさと納税」と聞くと、個人が地方公共団体に寄付をすることをイメージするかもしれません。しかし、現在は法人でも寄付ができる「企業版ふるさと納税」もあります。企業が本制度を活用することに、どんなメリットがあるのでしょうか。今回は企業版ふるさと納税の概要や寄付をするメリット、注意点を解説します。

西日本シティ銀行 DX支援
続きを読む >

インタビュー

2022.04.21

【DXサポート事例】「楽楽精算」と法人カードで業務効率化!|正興電機製作所

西日本シティ銀行は、2020年4月にデジタル戦略部を新設して、お客さまのデジタル化やDX支援を積極的にサポートしています。今回はその事例のひとつとして、株式会社ラクスの経費精算システム「楽楽精算」、九州カード株式会社のコーポレートカードを導入された、株式会社正興電機製作所様(以下、正興電機様)のケースをご紹介します。

calm world
続きを読む >

インタビュー

2022.04.18

プロを目指した野球の世界から旅の記録アプリ「Packer(パッカー)」で起業!|Calm world 勝井嵐史さん

コロナ禍で制約を受けつつも、旅行を徐々に再開したい。そんな旅好きな人にぴったりの旅の記録・マッピングアプリ「Packer(パッカー)」を開発したのが、今回ご紹介する株式会社Calm worldの勝井嵐史さん。複数の写真を時系列順にアプリに投稿することで、自分の記録にもなり、新しい旅の楽しみ方を発見することもできます。アプリ開発や起業に影響を及ぼしたのは、勝井さんがこれまで得た経験の数々。一つひとつを無駄にせず、確実に自分の糧にする姿勢には目を見張るものがありました。