お役立ち

【事業者向け】\第2弾決定/「ネクスペイ」取扱店募集中│対象・登録方法・期間を総まとめ【福岡市プレミアム付電子商品券(FUKUOKA NEXT Pay)】

By renew編集部

|
2022.02.04
【事業者向け】「\第2弾決定/ネクスペイ」取扱店募集中│対象・登録方法・期間を総まとめ【福岡市プレミアム付電子商品券(FUKUOKA NEXT Pay)】

ネクスペイとは、昨年(2021年)7月30日にスタートしたプレミアム付電子商品券「FUKUOKA NEXT Pay」の略称です。福岡市内の消費喚起や地域経済の活性化を目的に、福岡商工会議所・早良商工会・志賀商工会が発行し大好評であったことは記憶に新しいのではないでしょうか。

そしてこの度、ネクスペイの第2弾の実施が決定いたしました。

2022年2月4日現在、「ネクスペイ」事業における加盟事業者を募集しています。

本記事では「ネクスペイ」の概要について解説するとともに、事業者さま向けに「ネクスペイ」の登録期間、申請方法についてお伝えします。

「ネクスペイ(FUKUOKA NEXT Pay)」とは?

福岡県および福岡市の補助金を活用し、福岡市内の消費喚起・経済の活性化および新型コロナウイルス感染症拡大の影響に伴うキャッシュレス化推進を目的に、プレミアム付電子商品券「FUKUOKA NEXT Pay(略称:ネクスペイ)」が第2弾として発行されます。今回もプレミアム率20%の大変お得な商品券です。

西日本シティ銀行は、福岡銀行・みずほ銀行とともに本事業に参画しており、商品券の発行・換金業務や利用可能店舗の開拓、事業者や市民への周知・問い合わせ対応等事務局業務を行います。

「ネクスペイ」の特徴

続きを読む

特徴1. │ プレミアム率が20%と高還元率

「ネクスペイ」最大の特徴はプレミアム率の高さです。
プレミアム率20%なので、例えば12,000円分の電子商品券を10,000円で購入できます。一人あたりの購入可能金額は5,000円から50,000円となる見通しです。したがって、最大で10,000円分お得に利用できることになります(60,000円分の電子商品券を50,000円で購入可能)。なお、販売単位は5,000円です。

特徴2. │ スマホでかんたん、QRコードで使用できる

紙の商品券の場合、自宅に置き忘れてしまったり、いざ使おうと思ったときに見つけられなかったり、紛失・破損してしまったりと、さまざまなリスクがあります。

「ネクスペイ」の場合、そういった心配がありません。なぜなら、「ネクスペイ」はスマホを用いたQRコード決済だからです。各種電子決済サービスと同じように、登録店舗に設置しているQRコードを読み込んでお支払いできます。

特徴3. │ 1円単位で使用できる

紙の商品券の場合はおつりが出ないケースが多いでしょう。おつりを無駄にしたくない思いから、紙面記載の金額を超えるために予定していなかった買い物をした、という経験がある人もいるのではないでしょうか?「ネクスペイ」の場合、電子商品券ですので1円単位でお支払いに使用できます

「ネクスペイ」はいつから購入できる?いつからいつまで使える?

続きを読む

「ネクスペイ」はいつから購入できる?いつからいつまで使える?

「ネクスペイ」の購入開始はいつから?

ネクスペイの販売は、福岡市在住者への限定販売が2022年2月4日(金)午前9時より抽選申込みスタート、一般販売が3月7日(月)より抽選申込みスタートとなります。

「ネクスペイ」の利用期間はいつからいつまで?

利用期間は2022年3月1日(火)〜2022年7月31日(日)です。

【事業者さま向け】「ネクスペイ」は登録店舗を募集中!(2022年3月31日まで)

「ネクスペイ(FUKUOKA NEXT Pay)」の発行に際し、発行元である福岡商工会議所・早良商工会・志賀商工会が取扱店を以下期間にて募集しています。

【第一次募集】2022年1月17日(月)〜2月10日(木)
 ※登録店舗としての利用開始日:3月1日(火)

【第二次募集】2022年2月11日(金)〜2月28日(月)
 ※登録店舗としての利用開始日:4月1日(金)

【第三次募集】2022年3月1日(火)〜3月31日(木)
 ※登録店舗としての利用開始日:5月1日(日)

「ネクスペイ」を取扱える店舗は?

続きを読む

「ネクスペイ」の取扱店になれるのは、福岡市内に店舗のある「小売店」「飲食店」「宿泊施設」などです。

「ネクスペイ」を換金するときにかかる手数料率は?

福岡商工会議所、早良商工会、志賀商工会の会員の場合、換金手数料は無料です。
一方、非会員の場合は、換金額の2%の手数料が発生します。商工会へのご入会をご希望の方は、各商工会議所のホームページのフォームより登録申請を行ってください。非会員の方はこの機会にぜひご入会をご検討ください。

◎福岡商工会議所はこちら
◎早良商工会はこちら
◎志賀商工会はこちら

申請方法

事業者向けの申請方法は以下の特設サイトからのお申込みになります。
サイト内の「募集要項」をご確認の上お申込みください。
https://f-nexpay2.dx-ticket.jp

事業者の皆さまが「ネクスペイ」を導入するメリット

事業者の皆さまが「ネクスペイ」を導入するメリット

メリット1. │ 支払いはQRコードでスピーディー

「ネクスペイ」は福岡市内の消費喚起・経済の活性化と同時に、新型コロナウイルス感染症拡大の影響に伴うキャッシュレス化推進を目的としています。キャッシュレス化の魅力のひとつは会計がスピーディであること。「ネクスペイ」はQRコード決済なので素早く決済できます。

メリット2. │ 店舗の設備投資は一切不要

「ネクスペイ」は専用端末を必要としていません。店舗ごとに配布するQRコード台紙を来店客がスマホで読み取るだけで決済完了です。

メリット3. │ 面倒な集計 作業は一切不要

「ネクスペイ」は電子商品券ですので、売上情報がスマホからかんたんに確認できます。終業後に面倒な集計作業を必要としません。

【事業者向け】「ネクスペイ」まとめ

福岡市内の消費喚起・経済の活性化および新型コロナウイルス感染症拡大の影響に伴うキャッシュレス化推進を目的に発行される、プレミアム付電子商品券「ネクスペイ」。導入や運用が簡単ですので、電子決済サービスに不慣れな事業者さまでも取組みやすいのではないでしょうか。

「ネクスペイ」に関するお問合せ先

■ FUKUOKA NEXT Pay 事務局
HP:https://f-nexpay2.dx-ticket.jp
コールセンター:0120-197-959
 [受付時間]9:00~19:00(土日祝・年末年始含む)
 [開設期間]1月17日〜8月5日

Writer

おすすめの記事

続きを読む >

お役立ち

2022.06.16

インボイス制度とは。注目の導入理由から免税事業者への影響までわかりやすく説明

軽減税率の導入に伴って、2023年(令和5年)10月よりインボイス制度が導入されます。消費税の課税事業者に限らず、免税事業者にも影響があるとされているのです。この記事では、インボイス制度の概要や導入に至った理由、その基礎となる消費税の知識と事業者への影響などについて解説します。

続きを読む >

お役立ち

2022.05.06

【法人必見】企業版ふるさと納税って?概要や寄付するメリット、活用の際の注意点とは

「ふるさと納税」と聞くと、個人が地方公共団体に寄付をすることをイメージするかもしれません。しかし、現在は法人でも寄付ができる「企業版ふるさと納税」もあります。企業が本制度を活用することに、どんなメリットがあるのでしょうか。今回は企業版ふるさと納税の概要や寄付をするメリット、注意点を解説します。

西日本シティ銀行 DX支援
続きを読む >

インタビュー

2022.04.21

【DXサポート事例】「楽楽精算」と法人カードで業務効率化!|正興電機製作所

西日本シティ銀行は、2020年4月にデジタル戦略部を新設して、お客さまのデジタル化やDX支援を積極的にサポートしています。今回はその事例のひとつとして、株式会社ラクスの経費精算システム「楽楽精算」、九州カード株式会社のコーポレートカードを導入された、株式会社正興電機製作所様(以下、正興電機様)のケースをご紹介します。

calm world
続きを読む >

インタビュー

2022.04.18

プロを目指した野球の世界から旅の記録アプリ「Packer(パッカー)」で起業!|Calm world 勝井嵐史さん

コロナ禍で制約を受けつつも、旅行を徐々に再開したい。そんな旅好きな人にぴったりの旅の記録・マッピングアプリ「Packer(パッカー)」を開発したのが、今回ご紹介する株式会社Calm worldの勝井嵐史さん。複数の写真を時系列順にアプリに投稿することで、自分の記録にもなり、新しい旅の楽しみ方を発見することもできます。アプリ開発や起業に影響を及ぼしたのは、勝井さんがこれまで得た経験の数々。一つひとつを無駄にせず、確実に自分の糧にする姿勢には目を見張るものがありました。