イベント

【エントリー受付中】第2回 西日本FHビジネスコンテスト2021「OPEN INNOVATION HUB」開催!

By renew編集部

|
2021.10.14
ビジコン

第2回 西日本FHビジネスコンテスト2021『OPEN INNOVATION HUB』開催!

業界・業種の垣根を超えたスタートアップ企業と地場企業の「価値共創」を目的としたオープンイノベーション型のビジネスコンテスト『OPEN INNOVATION HUB』。
多くのご応募をいただき連携事例も生まれている第1回に続き、第2回の開催が決定!現在、全国の皆さまからのエントリーを受け付けております。

西日本FHグループでは、中期経営計画「飛翔2023」に掲げる「地域の元気を創造する」を実現すべく、ヒューマンタッチとデジタルの両面で地域社会の発展に貢献することを目指しています。
2回目の開催となる今回の『OPEN INNOVATION HUB』では、「地域とつながる、家族をつなぐ、デジタルサービス」をテーマに、地域の元気を創造する、多種多様なビジネスアイデアを、金融・非金融問わず募集いたします。

スケジュール

<募集期間>
○2021年9月27日(月)〜11月12日(金)

<1次選考(書類)>
○事前エントリー締切 :2021年11月5日(金)
○本エントリー締切 :2021年11月12日(金)
*1次選考結果通知 :2021年11月下旬〜12月上旬

<2次選考(ピッチ)>
○2022年1月上旬
(1次選考通過者に個別で2次選考の日程・場所をお知らせします)
*2次選考結果通知 :2022年1月上旬〜中旬

<最終選考(ピッチ)>
○2022年2月下旬
Fukuoka Growth Nextにて開催予定

募集コンセプト

“地域とつながる、家族をつなぐ、デジタルサービス”をコンセプトに多種多様なビジネスアイデアを金融・非金融問わずに募集。
<ビジネスアイデア例>
①地域の課題解決や家族の絆の深化につながる新たな商品・サービス
②「人と人」「人と企業」「企業と企業」がつながる新たなデジタルサービス
③地域のオープンデータを活用したビジネス

応募資格

○募集コンセプトに沿ったアイデアや製品・サービスをお持ちの法人・団体・個人
(個人の場合は満18歳以上)
○西日本FHグループ及び本コンテストの協力企業・後援企業との協業が可能な企業

※事業ステージ(シード・レイター等)は考慮しない
※公序良俗に反するビジネス、反社会的勢力またそれに準じた組織に関わるビジネスは対象外

審査基準

○事業・サービス内容の成長性・革新性・実現可能性・地域貢献度等、総合的な観点から審査いたします。

参加費

○無料
(ただし、2次選考会・最終選考会までの交通費・宿泊費・その他参加にかかる諸費用等は応募者負担となります)

応募方法

下記の特設サイト内の「応募要項」をご確認いただき、特設サイト内の「応募フォーム」よりご応募ください。

ビジコン画像

おすすめの記事

続きを読む >

お役立ち

2022.06.16

インボイス制度とは。注目の導入理由から免税事業者への影響までわかりやすく説明

軽減税率の導入に伴って、2023年(令和5年)10月よりインボイス制度が導入されます。消費税の課税事業者に限らず、免税事業者にも影響があるとされているのです。この記事では、インボイス制度の概要や導入に至った理由、その基礎となる消費税の知識と事業者への影響などについて解説します。

続きを読む >

お役立ち

2022.05.06

【法人必見】企業版ふるさと納税って?概要や寄付するメリット、活用の際の注意点とは

「ふるさと納税」と聞くと、個人が地方公共団体に寄付をすることをイメージするかもしれません。しかし、現在は法人でも寄付ができる「企業版ふるさと納税」もあります。企業が本制度を活用することに、どんなメリットがあるのでしょうか。今回は企業版ふるさと納税の概要や寄付をするメリット、注意点を解説します。

西日本シティ銀行 DX支援
続きを読む >

インタビュー

2022.04.21

【DXサポート事例】「楽楽精算」と法人カードで業務効率化!|正興電機製作所

西日本シティ銀行は、2020年4月にデジタル戦略部を新設して、お客さまのデジタル化やDX支援を積極的にサポートしています。今回はその事例のひとつとして、株式会社ラクスの経費精算システム「楽楽精算」、九州カード株式会社のコーポレートカードを導入された、株式会社正興電機製作所様(以下、正興電機様)のケースをご紹介します。

calm world
続きを読む >

インタビュー

2022.04.18

プロを目指した野球の世界から旅の記録アプリ「Packer(パッカー)」で起業!|Calm world 勝井嵐史さん

コロナ禍で制約を受けつつも、旅行を徐々に再開したい。そんな旅好きな人にぴったりの旅の記録・マッピングアプリ「Packer(パッカー)」を開発したのが、今回ご紹介する株式会社Calm worldの勝井嵐史さん。複数の写真を時系列順にアプリに投稿することで、自分の記録にもなり、新しい旅の楽しみ方を発見することもできます。アプリ開発や起業に影響を及ぼしたのは、勝井さんがこれまで得た経験の数々。一つひとつを無駄にせず、確実に自分の糧にする姿勢には目を見張るものがありました。