ニュース

株式会社ふくや、閉店した老舗ロシア料理店『ツンドラ』の人気メニュー「ボルシチ」をレトルトパウチで復活販売!

By renew編集部

|
2021.12.23
renewfuku

「味の明太子」の製造・販売や各種食料品の卸・小売りを行う株式会社ふくや(本社:福岡県福岡市、川原武浩社長)が、2021年5月に惜しまれつつも閉店した老舗ロシア料理店『ツンドラ』(福岡市中央区天神)の人気メニュー「ボルシチ」をレトルトパウチで2021年11月15日より復活販売。

老舗ロシア料理店『ツンドラ』

『ツンドラ』は創業者である徳永初美さんが1960年にオープンしたロシア料理店。徳永初美さんはアメリカ、旧ソ連の冷戦下でありながら、本場の味を提供すべく現地(旧ソ連)を訪問し料理を学び、その中でもロシアで古くから愛好されているスープ料理「ボルシチ」は『ツンドラ』の人気メニューとなりました。

ボルシチ・・・お肉や野菜などを煮込んだ東欧諸国の伝統的なスープ料理。

renewfuku

▲ロシア(旧ソ連)で料理を学ぶ徳永初美さん

『ツンドラ』の「ボルシチ」がレトルトパウチで復活

世代を通して愛されていた『ツンドラ』は2021年5月に閉店となり、同時にふくや直営店舗でも販売していたお土産用の「ボルシチ缶詰」も生産が終了。多くのファンから再販を望む声が集まる中、創業者の徳永初美さんがレトルトでボルシチを復活させようとする動きに、ふくやの川原社長がサポートする形で閉店から半年での販売に至りました。

renewfuku

『ツンドラ』の「ボルシチ」は、牛骨や野菜などを煮込んだスープにトマトピューレを合わせ、根菜類、ビーツと肉を加えたもの。素材の味を生かした優しい味わいが特徴でご家庭やアウトドアシーンでも手軽に楽しむことができます。

懐かしい思い出のある方やはじめて出会うという方も楽しめる商品かと思いますので、ぜひお買い求めください。

『ロシアンスープ ツンドラ ボルシチ』

名称

ロシアンスープ ツンドラ ボルシチ

販売チャネル

ふくや直営店、通販(ネット)、卸販売

価格

648円(税込)

内容量

1人前 250g

オンラインサイト

https://www.fukuya.com/lp/tundra/

ふくやについて

社名

株式会社ふくや

設立

1948年10月5日

所在地

福岡県福岡市博多区中洲2-6-10

事業内容

「味の明太子」の製造・販売、各種食料品の卸・小売り

Webサイト

https://www.fukuya.com/

※写真は公式HPより抜粋

Writer

おすすめの記事

続きを読む >

お役立ち

2022.01.14

Cookie規制の影響や背景について解説!今後に備える4つの対策について

企業がデジタルマーケティングを行う際、重要な情報の1つがユーザーのCookie情報です。Cookie情報の利用について海外では既に規制が開始されており、日本でも今後強化されます。本記事ではCookie規制の概要と企業での対策についてまとめます。

続きを読む >

インタビュー

2021.10.31

トイポ村岡さんに聞く、ビジネス面での天神の魅力!

「天神ビッグバン」による大規模な都市開発が進む天神エリア。コロナ禍の影響で働き方に大きな変化が起きる中、商業施設やオフィスビルの建築が着々と進んでいます。 そんな天神エリアのビジネスについて、スタートアップ企業はどのように捉えているのでしょうか。店舗向けの顧客管理・販売促進アプリ「toypo(トイポ)」を開発する、福岡発のスタートアップ企業・株式会社トイポ代表の村岡拓也さんにインタビュー。ビジネスにおける天神の魅力や展望、これから天神という街に期待すること、さらには今後取り組んでいきたいことまで伺います。

続きを読む >

お役立ち

2021.11.22

ビジネスマッチングの仕組みとは?成功につながるポイントまとめ

事業の発展には、自社に合った取引先との出会いが必要不可欠です。しかし、自社のネットワークだけでは、理想的な取引先とのマッチングは困難でしょう。 そのような課題の解決手段の1つにビジネスマッチングの利用があります。この記事ではビジネスマッチングの仕組みやメリット、成功のポイントなどを解説します。

続きを読む >

お役立ち

2021.09.14

暗号通貨の税金について知りたい人必見!納税のタイミングや確定申告の方法まで

ビットコインなどの暗号通貨の取引で利益が出た場合、確定申告が必要になることがあります。 暗号通貨は他の金融商品とは税金の取扱いが異なるため、事前に仕組みを理解しておくことが大切です。 今回は暗号通貨の課税タイミングや税金計算、確定申告の方法などについて詳しく解説します。